LOG IN

ゴミを減らすぞ大作戦!わたしがしているエコな工夫5選

by 斉藤のどか (Nodoka Saito)

実はわたし、泳げないんです。だから海に行ってもほとんど砂浜でのんびりするだけで終わってしまうんですが、海自体は大好きです。何が好きかというと、海洋生物。よく海洋生物のドキュメンタリーを見るのですが、その度に海が育む命に感動しています。

だから、海の生き物たちが人間のゴミに苦しめられている姿を写真で見たときはショックでした。レジ袋を大量に食べて死んでしまったウミガメや、タイヤのような形をした大きなゴミに体がはまってしまったオットセイ。思わず目をつぶりたくなってしまいました。最近はマイクロプラスチックという小さなプラスチックの破片が海洋生態系に及ぼす影響も懸念されていますよね。

人間が出すゴミが、地球の環境を脅かしているという事実に真剣に向き合った結果、少しずつ環境を意識したエコな工夫をするようになりました。今日はこれらを紹介したいと思います。

1.マイエコバッグは常に持参

以前からスーパーに買い物に行くときは専用の袋を持っていっていましたが、別の用事で出かけた帰りにスーパーに寄るときはレジ袋をもらってました。これではゴミは減らせないと思い、小さく折りたためるマイエコバッグを2つ購入しました。よく使う鞄にひとつずつ入れています。常に携帯しておけば、どんな時でもスーパーにいけるし、予想以上に便利なんですよね。講演会やセミナーでもらった資料をいれたり、電車で暑くなったときにマフラーをいれたり、いろいろな場面で役に立ってます。

スーパーで食品を選ぶときも、できるだけ梱包されていないものを買うようにしています。野菜はバラで買ったり、ナッツやプルーンなどおやつとして食べるものは個包装されていないものを選んだり。本当はお肉やお魚も測り売りで買ってタッパーに入れて持ち帰りたいのですが、近くにそういうお店がないので実現できていません。野菜も八百屋さんや直売所に行けば梱包されていないものもたくさんありそうですよね。

2.ペットボトルの飲料は買わない

酷暑といわれた2018年の夏、わたしは出かける度にペットボトル2本分のお茶を飲み干していました。すると我が家のゴミ箱は数日でいっぱいいっぱいに。その山をみて、もうペットボトルに頼るのはやめようとマイボトルを買いました。700ml入るサイズで、3,000円ほど。1ヶ月使えば余裕で元が取れる価格です。感動したのが、その保冷力。氷を入れると、真夏でも夜まで溶けないんです。それが嬉しすぎて、毎日持ち歩くのが楽しみでした。

冬になってからは、景品でもらったタンブラーやジムでもらった水筒を使っています。どちらも許容量は400mlほど。ちょっと足りないな、と感じる時はありますが鞄に入れても邪魔にならない大きさなので重宝しています。

水筒をうっかり忘れてしまった日は、とにかく我慢!笑 どうしても喉が乾いてしまったときは、小さい紙パックの飲み物を買っています。(でもこれもプラスチックのストローがついてるから最近罪悪感あり)

ちなみに、最近は旅行のときも水筒を持参しています。だいたいどのホテルにもティーバッグはおいてあるので、出かける前にお茶をつくって持ち歩きます。衛生上水道水が飲めない場所に行く時は……どうしようかな。給水器があったらその水を入れて、なければ大きいペットボトルの水を買うしかないかな、と特に旅行の予定はありませんがつい考えてしまいます。

3. シリコン製のラップと保存袋を使う

食器洗いが大の苦手で(洗っても洗ってもまたすぐ汚れた食器が出てくるストレスが耐えられない!)使い捨てができるラップやチャック付きの保存袋はよく使っていました。でもやっぱりすぐゴミがたまるし、そのゴミが環境を汚染してると考えると罪悪感でいっぱいに。しかも、チャック付きの保存袋って意外と高いんですよね。そこでシリコン製で繰り返し使えるラップと保存袋を購入しました。

*このようなみつろうを使ったエコラップも気になりましたが、耐熱性がなくレンジできないので断念。

シリコンラップはいろいろな大きさのものが6枚セットで1,000円とまぁ安い。余った野菜を包む、といった使いかたはできませんが、お皿に余った食べ物にかぶせたり電子レンジで何かを温めるときに使っています。必要なときにさっと取り出してすぐに使えるから楽ですし、洗うのも簡単だからそれほどストレスにはなっていません。

保存袋は、4枚のセットで2,200円と、買うのをしばらく迷ってしまう値段でした。ネットで口コミをみても評判がさまざまで心配でしたが、とっても使いやすいです。冷凍や電子レンジにも対応していますが、わたしは切った野菜やあまった食材の保管に使っています。お肉や魚に下味をつけるときにも使いたいな、と思いつつそのあと洗うのが面倒くさそうで未だに踏み出せていません。食洗機、ほしいな。

4.愛犬のエチケット袋は水溶性の袋

*参考写真。かわいいけど、うちの子じゃありません。

買い物のときレジ袋をもらうのをやめて、消費するプラスチック袋がぐっと減ったかというと、実はそうではありませんでした。というのも、愛犬の散歩中に使っていたエチケット袋がプラスチック性だったからです。1日に最低2枚、多い時は4枚使っていました。しかも使い終わったプラスチック袋は汚れているからリサイクルに回せず、臭いもするのでゴミ箱に入れておくのも嫌でした。「トイレにそのまま流せるエチケット袋があったらいいのに」とネットで探してみたら、見事ありました。

以前使っていたプラスチック袋は100枚で200円程度なのに対し、水溶性のものは60枚で1,300円。なんと約10倍の値段!でも、気になったので試しに一箱注文してみることにしました。使い勝手が悪かったらもう買わない、と決めていましたが……使い勝手がよすぎる!散歩から帰ってきたら袋ごとトイレに流して終わり。手も汚れないし、臭いもないし、ゴミもでないしもう最高です!この袋は水に溶けても有害な成分はないそうなので、気持ちよく使えています。高いけどまた買います。

5.ミミズコンポストで生ゴミを有効活用

生ゴミをコンポストすることに以前から興味があって、いろいろ調べていたんですが、肥料ができても使い道がないのでためらっていました。そこで見つけたのが、ガーデンタワープロジェクト。一般の人から資金を集めるクラウドファンディングを通して作られた商品だそうですが、とにかく画期的!その仕組みはというと……

①コンポストチューブ:側面に小さい穴がたくさん空いている筒状の容器。この中に生ゴミとミミズをいれると、ミミズがゴミを処理して肥料をつくる。

②プランター:植物を植える。10個のプランター x5段=50箇所ある。①の側面の穴から移動してきたミミズが栄養を運んでくれる。

③コンポストティーのトレイ:ガーデンタワーに水をあげると、それが滴りおちてここにたまる。この水は栄養分をたくさん含んでいるので、そのままプランターにかけるとまるで液体肥料を与えているような効果が得られる。ミミズがつくった肥料もこのトレイから取り出る。

つまり自然界で起こる循環をそのままベランダで再現できる、ということです。

ガーデンタワー本体は約4万円。それに大量の土とみみずが必要だったので、初期費用はかなりかかりました。でも、ガーデンタワー本体に関しては川崎市の家庭用生ゴミ処理機の購入費用助成制度が適用されるはず。(市役所に電話で聞いたら、対象になるとのこと。1ヶ月ほど前に助成金の申請をして、いま結果を待っています。)うまく行けば2万円戻ってくる!と毎日わくわくしています。

みみずは生餌用のものをネットで購入しました。その数なんと750匹!しかも4,000円と意外と高い。配送の途中で死んでしまわないか、みみずを750匹同時に見て気持ち悪くならないか……不安もありましたが、到着したみみずはみんな元気で動き方がなんだか可愛らしかったです。写真や動画をたくさん撮っておいたのですが、見たくない人もいると思うので、ここにはみみずが1匹だけ映った写真を掲載します。

今は一番上の段にハーブ類が植えてあります。大好きなモヒートを作る時に使えるミントや魚料理にぴったりのディル、肉料理に抜群のローズマリー、何にトッピングしても美味しいチャイブ。暖かくなったらパクチー、バジル、大葉を植えるつもりです。この季節に植えられるものはあまりないので他の段はまだ使っていませんが、ミニトマトやきゅうりもつくってみたいです。あとは何が簡単かな?

いま苦戦しているのはミミズにあげる生ゴミの種類と量。動物性の食品や柑橘系の果物などを除けばわりとなんでもあげられますが、バナナの皮やアボカドの種といった硬いものはなかなか処理してくれません。それに寒いからか、処理のスピードも結構遅いです。次から次へと食品を入れるのはよくないそうなので、ある程度処理できてから追加するようにしていますが、それまで生ゴミをどう保管しておくかが悩みどころ。いまはゴミ箱に入れておいても臭いは気になりませんが、夏場になったら大変だろうなとおもい、冷凍庫での保管を試みています。ミミズコンポストやってる方、いいコツがあったら教えてください!

****

子どものころ、街を歩きながらよく「タイルの線を踏んじゃいけないゲーム」をやっていました。名前の通りのとってもシンプルなゲームなのですが、エコな工夫も最初は「ペットボトルを買っちゃいけないゲーム」と遊び感覚でやっていました。それがなんだか楽しくて、次第に「できるだけゴミを減らすゲーム」へと発展していきました。これからもゴミを減らすことを追求していきたいと思います。みなさんが生活に取り入れているエコな工夫があったら、ぜひ教えてください!

ちなみにもうひとつ、海の環境破壊に関する大問題といえば沖縄の辺野古基地建設。これについてはまた別のブログ記事で綴りたいと思います。

OTHER SNAPS