LOG IN

9条に自衛隊を明記したらどうなるの?

by 斉藤のどか

今、安倍政権は「憲法9条に自衛隊を書き込む」と言っています。きっと多くの方が「いい案じゃん」と思っているでしょう。「すでに自衛隊は存在していて、それを9条に追加するだけならいいんじゃない?」という意見もよく聞きます。

でも実は、「9条に自衛隊を書き込む」ということには大きな危険が潜んでいるんです。

9条は「平和主義」だけど…

9条は平和主義という認識をほとんどの人が持っていると思います。でも具体的に何が書いてあるのでしょうか?ここで、9条の中身を詳しく見てみましょう。

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

なんだか難しいですよね…… この記事のテーマにとって大切な部分だけ抜き取って簡単に言いかえてみると、

  1.  戦争は永久にしない
  2. そのためには戦力を持たない

ということなんです。この「戦力を持たない」という部分が大事なキーワードです。

「戦力を持たない」が自衛隊員の命を守る

「戦力を持たない」ということは、軍隊を持たないということです。でも万一日本が攻撃されたとき、日本を守れるように「必要最低限の実力」を持つのはOKと今の政府は考えています。自衛隊は「戦力」ではなく、「必要最低限の実力」ということになっているんです。(注1)

そして、自衛隊が憲法で禁止されている「戦力」にならないように、海外に行かない、日本が攻撃されてる時にだけ防衛する、といったさまざまな制限がついています。だからこそ、自衛隊は普通の軍隊とは違って、戦争に参加することがありませんでした。憲法9条は自衛隊員の命を守る歯止めになっているんです。そして災害の時に国民の命を救ってくれて、日本中の人に感動と勇気を与える自衛隊として存在しています。

「戦力を持たない」という部分が消える?

では、いよいよ本題です。憲法9条に自衛隊を書き込んだらどうなるのでしょうか。

(安倍政権の改憲案)

  1. 戦争は永久にしない
  2. そのためには戦力を持たない
  3. でも自衛隊はOK

安倍総理は今年5月3日に、この改憲案を発表しました。その時に

「もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けて、しっかりと、堅持していかなければなりません。そこで、「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは、国民的な議論に値するのだろう、と思います。」
安倍晋三

と発言しています。つまり、「自衛隊を書き込んでも、1項と2項を残すから平和主義であることには代わりない」ということです。本当なのでしょうか?

「法律の世界には、あるルールがあります。「2つの法律が矛盾する場合、新しくできたほうが優先される」というルールです。安倍政権の改憲案が実現すれば「戦力を持たない」と「自衛隊はOK」という部分がぶつかりあったとき、新しく追加された自衛隊という部分が優先されることになります。

具体的な例を挙げると、「集団的自衛権」の問題です。集団的自衛権は「日本が攻撃されてなくても、仲間の国を助けるために武力行使していい」いうことです。2014年、安倍政権は「日本も集団的自衛をしていい」と決めました。でも今の憲法でいうとこれは「戦力」にあたるから違憲です。そして「集団的自衛権を使ってしまえば、どんどん戦争に巻き込まれていく」と心配した多くの国民や有識者が今でも違憲性を訴えています。

まさに「戦力を持たない」と「自衛隊」がぶつかり合っている状態です。今だと、憲法に入っている「戦力を持たない」という部分が優先されます。だから自衛隊を「戦力」に変えてしまう集団的自衛権の行使は違憲だと言えるのです。でももし、安倍政権の改憲案が実現すれば、「自衛隊」が優先されるようになります。集団的自衛権の行使が合憲になるということです。そして今後さらに、自衛隊はどんどん任務が増やされて、規模が大きくされて、海外の戦争にも普通に送られるようになってしまいます。そしていずれは「戦力を持たない」という部分が無いも同然になり、自衛隊は普通の軍隊になることでしょう。

憲法9条に自衛隊を書き込むと、結果的には自衛隊員の方々の命が危険にさらされることになります。そして事実上、平和主義を決めた憲法9条が壊れることになります。そうすると日本がいつか戦争に手を出すことになるでしょう。だから、多くの人が自民党の改憲案に反対しているんです。

9条は平和を守ってくれている

いまも昔も、世界ではたくさんの戦争がたたかわれています。そしてどの戦争も、「平和のための戦争」と言われます。でも、いくら「平和のため」と言っても、戦争をしてしまった瞬間、一般国民にとっては全く平和ではなくなってしまいます。多くの尊い命が奪われ、なんとか生き延びた人たちも心に治ることのない深い傷を負います。それを日本は第二次世界大戦で学んだんです。だから、「平和のために戦争をしない」ということを決めて、憲法9条ができたんです。

9条があったおかげで日本は72年間、戦争に手を出すことがありませんでした。その9条をしっかりと守っていけば、あと5年、10年、100年と日本の平和を引き継ぐことができます。今のこどもたちが将来戦争に行かされることがないように、憲法9条を守っていきたいですよね。

*****

(注1)これは、あくまでも今の政府の見解です。憲法には、解釈の仕方がいろいろありますが、日本共産党は今の政府とは全く違う解釈の仕方をしています。具体的には「自衛隊も戦力だから違憲だ」という立場です。共産党の自衛隊に関する考え方はよく誤解されるところなので、これについては改めて別のブログ記事で取り上げたいと思っています。

参考
朝日新聞:憲法改正「2020年に施行したい」 首相がメッセージ  


斉藤のどか
OTHER SNAPS